今、ここにある男の仕事事情

~世の男たちのためのお仕事情報を随時紹介していきます~

溶接技術はどうやって学ぶ?神奈川で溶接工になるには

time 2017/04/24

溶接技術はどうやって学ぶ?神奈川で溶接工になるには

世の中には色々なジャンルの仕事があるので、私たちの生活には欠かせないものではあるのですが、名前だけは知っている、またはうっすらとしたイメージはあるんだけれど、実際に何をしているのか、どうしたらその仕事に就けるのかといった実態に関しては、よくわからないという仕事がたくさんあるでしょう。
そういった仕事の典型的な例が、溶接工のような専門技術を駆使する人たちではないでしょうか。

溶接工とは文字通り、溶接という特殊な技術によって物作りを行っている人たちのことなんですが、
そもそもその溶接については、高温のバーナーみたいなものを使っていて、何だかすごく暑そうな仕事だくらいのイメージしか持っていない人が多いと思います。

そこで溶接について簡単に説明してみましょう。

溶接とは、金属を熱や圧力によって溶かして接合するという技術のことを言います。
多くの金属は一度は溶けても、冷えたりすればまた固まるという性質を持っているので、それを利用してものをくっ付けるというわけです。

二つ以上のものをくっ付ける場合には、接着剤を使う場合がイメージしやすいですが、溶接に関してはくっ付けたい金属自体を溶かしたり、くっ付けたい金属よりも低い温度で溶ける金属を接着剤の代わりにしています。
そんな溶接工は、確かに熱い現場で働きますし、重たい金属を動かすこともあるため、体力的に厳しい仕事ではあります。
でも何かを作るという仕事には、やりがいや誇りを持ちやすいので、この仕事に就きたいという人は決して少なくはありません。

溶接工が働く現場としては、何となく工場の中といったイメージを持つ人が多いんじゃないでしょうか。
でも工場だけではなく、ビルの建築現場や造船所、ダムや橋といった巨大建造物を建造する場所といったように、金属をくっ付けて何かを作る現場は多岐にわたっているので、溶接工の活躍の場も、多くの人がイメージするよりも広いんです。

特に神奈川県では多くのビルが建てられていますし、造船所の数も多いので、働ける場所は他県と比べて多いはずです。

では次に、溶接の技術はどうやって学ぶのかを見て行きましょう。
特殊な技術を扱う仕事では、職人さんに弟子入りしたり、見習いとしてすぐに現場に出たりして実地で学ぶ場合も少なくないのですが、溶接については、専門学校や職業訓練学校などの教育機関に入学して、そこでしっかりと勉強する場合が一般的です。
溶接工は金属の性質やガスの使い方といった色々な知識が必要ですし、また危険性が高い仕事だからです。

神奈川県にも溶接の専門学校があるので、溶接工を目指すならそこで学ぶと良いでしょう。

down

コメントする




男のための力仕事の求人