今、ここにある男の仕事事情

~世の男たちのためのお仕事情報を随時紹介していきます~

名古屋で溶接工になるのに資格は必要か?

time 2017/04/23

名古屋で溶接工になるのに資格は必要か?

名古屋で溶接工になるには資格が必要になってきます。
溶接工の仕事には色々な種類の仕事がありハンダ溶接、ガス溶接、半自動溶接´等がありますがそれぞれの分野において資格取得の必要性が出てきます。

溶接の仕事でも種類は沢山あります。
その中でも一番資格が必要となってきますのは、人命にかかわる溶接になってきて船舶の溶接や自動車関連の溶接や航空機関連の仕事については特に溶接部が外れてしまいますと、人命の生死の危機に関わってきますのでこれらに関わる重要部品については資格取得に必要が出てくるのです。

これらの部品以外でも溶接の仕事は沢山ありますが資格を持っていなくても出来る仕事は沢山ありますが、最終的には取得する必要が出てくるのです。

またロボット溶接作業でも取得が必要になってきます。
理由としましてはロボット溶接においては溶接自体はロボットが自動で行ってくれるのですが最終的に溶接の外観や溶け込み具合や片寄り具合’を判断するにはやはり免許を持った人が判断する事になります。

免許を持っていなくても溶接作業に関わる仕事はできますが最終的な判断までは出来ずに結局の所溶接免許を持った人が外観確認等を行う事になってくるのです。

名古屋で溶接工作業をし免許の取得するには溶接協会にて取得する事になってきます。
試験の内容としましては、学科テストの他に溶接の実技試験があり両方とも合格しなければならなくなってしまうのです。

免許取得後も定期的な、免許保持者に対する能力確認試験がありこの時は実技試験のみになってきます。
実技試験の評価方法としては溶接部の引っ張り試験を行い、その溶接に対して強度の確認や溶接外観の確認を行っています。
この更新試験で不合格となってしまいますと再度学科試験や実技試験の受け直しをしなければならなくなってしまうのです。

また1年に1回溶接職務に関する更新申告もする必要があります。これはハガキにて郵送されてきますのでそこに必要事項を記入し申告すれば良いのです。
この免許に関しては国家免許となりますので、名古屋で溶接工の仕事をするのは勿論の事ですが、地方各地においても通用する免許でもあるのです。

しかしながら免許を持っていたとしても溶接の判断ミスや、自分の溶接にて溶接が外れってしまった場合は特に人命にかかわる個所の溶接部については免許剥奪の可能性も出てきますので注意する必要が出てくるのです。

免許剥奪となってしまった場合には再度免許の取得試験を受けなければならなくなってしまうのです。

down

コメントする




男のための力仕事の求人